『サイバーパンク2077』PS4版がPSストアから削除。販売を中止するとともに、ゲームを購入したユーザーが返金を申請できる専用サイトを開設した!!
2020年12月18日

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、2020年12月18日、PlayStation 4版『サイバーパンク2077』について、返金対応およびPlayStation Store(PSストア)からのデジタル版の一時的な販売停止をアナウンスした。

また、返金申請の専用サイトが開設。PlayStation Storeにて『サイバーパンク2077』を購入したユーザーに全額返金を開始することを発表している。

2020年4月に予定していた発売日から3度の延期を経て、ようやく2020年12月10日にリリースとなった『サイバーパンク2077』だが、PS4などの前世代機などにおけるグラフィックの違いやバグ、クラッシュなどが多く指摘されており、開発元であるCD Projekt REDが謝罪を発表したばかり、そこでは「複数のHotfixと2つのメジャーパッチを開発中」であることを約束していたが、修正前に削除となってしまった。

今後については、修正パッチが適用され次第の復帰になりそうだが、それがいつ適用となるのかは未定。

公式サイトからのアナウンス

『サイバーパンク2077』をご購入いただいた皆様へ

CD PROJEKT REDがPlayStation®4/Xbox One/PC向けに発売したオープンワールドRPG『サイバーパンク2077』につきまして、CD PROJEKT REDより、下記の声明が出ております。

ゲームをご購入いただいた皆様へ

まずは『サイバーパンク2077』の発売前に、初代PlayStation 4および初代Xbox One版におけるゲームプレイをきちんとお見せしなかったこと、そしてそれにより、十分な事前知識なしに本作をご購入させてしまったことを深くお詫び申し上げます。家庭用ゲーム機でのパフォーマンスについて、もっと注意を払うべきでした。
バグやクラッシュ、全体的なゲーム体験については、今後も修正・改善していく予定です。アップデートの第一弾(1.04)は先日配信していますが、第二弾も7日以内にお届けできる見込みです。今後のアップデートに関しましても、準備が整い次第、随時配信していきます。またホリデーシーズン後、1月と2月に分けて大型パッチを2つ配信する予定です。これらにより、PlayStation 4およびXbox One版で発生している大きな問題を修正できる見込みです。各パッチの具体的な内容については、配信前にお知らせいたします。パッチによって旧世代機版が、高スペックPCないし次世代機版のような見た目になるわけではありませんが、現状よりそれらに近い体験を得られるようになるかと思います。
我々CD PROJEKT REDは、ゲームをご購入いただいたすべての皆様に満足していただきたいと考えております。皆様が我々を信じ、今後のアップデートにチャンスを与えていただければ幸いですが、もし現状の家庭用ゲーム機版にご満足していない場合は、返金に対応させていただきます。デジタル版をご購入いただいた方は、PSNまたはXboxの返金システムをご利用ください。パッケージ版をご購入いただいた方は、日本での販売元であるスパイク・チュンソフトのユーザーサポート、もしくはCD PROJEKT REDの返金対応窓口であるhelpmerefund@cdprojektred.comまでご連絡ください。弊社の方で、出来る限りの対応をさせていただきます。ご連絡時の言語は日本語で構いません。お問合せは、この告知の発表後から2020年12月21日まで受け付けます。

よろしくお願い申し上げます。

マーチン・イウィンスキ、アダム・キシンスキ、アダム・バドウスキ、ミハウ・ノヴァコウスキ、ピオトル・ニュールボウィッツ、ピオトル・カーヴォウスキ

追伸、PC版についてもバグ修正アップデートを定期的に配信し、ゲームを改善してまいります。

返金対応に関しましては、下記メールアドレスへのご依頼をお願い致します。なお、返信にはお時間をいただきますのでご了承ください。

返金対応窓口:helpmerefund@cdprojektred.com

※@cdprojektred.comからのメールを受信できるメールアドレスからの問い合わせをお願いします。

申込期限:2020年12月21日

Spike Chunsoft|Official site

『サイバーパンク2077』PS4デジタル版返金窓口

最新の記事

人気の記事ランキング